養育費とは

養育費とは

離婚の際には、慰謝料と養育費というセリフを耳にすることが多いでしょう。
慰謝料とは離婚をする時に、結婚相手から被った心的、肉体的な暴力被害に対しての補償として支払われます。
離婚の際の慰謝料は対象はは大人向けですが、子供のためのものが養育費です。
一般的に、養育費とは、子供を育てるために必要とされる費用のことを言います。
お子さんが二人の間にいた場合、離婚が決まったらどちらかの親がその子を引き取り養育することになります。
そのようなときに、一番考えなければならないのは子どもを育てていくために不可欠な費用のことでしょう。
わが子の生活を守り、心身ともに健康に育てあげることは、親として当たり前の義務です。
離婚をしても、親でなくなるということはないのです。
たとえ、離婚の原因が妻の浮気で、親権が妻にあるとされたとしても、父親は養育費を支払わなくてはなりません。
なぜかというと、慰謝料とは別の話で、養育費は子どもにかかる費用だからです。
もとよりこれは逆の場合でも、妻が養育費を納める義務があります。
離婚によって、子どもが養われる点で損失が生じないように設定されているのが養育費です。
離婚が決定したなら、子どもを育てていく上で本当に必要な養育費の金額や支払い期間など、子どもの幸せな未来のために話し合うことが望ましいでしょう。
養育費は親のためのものではなく、権利があるのは子どもであるということを把握しなければなりません。