養育費と親の再婚

養育費と親の再婚

離婚時に決めた養育費用は、いろいろな状況によって金額の変更ということになる場合もあります。
具体的には元夫、元妻が再婚するという変化があります。
養育費を払う父親の場合は、再婚に「より扶養義務のある家族が増え、これまで通りに支払い続けることが困難という事態も生じます。
こういったケースでは、養育費の減額を相手側に申し入れることが許されています。
これとは違い、離婚をしてから養育費が支払われていた元妻が再婚することもあります。
この時、養子縁組が再婚と併せて行なわれたのかが重要な要素です。
再婚した時に養子縁組をしていないのであれば、扶養義務に変更は生じません。
要するに、元夫の扶養義務に変更はないので養育費の減額や免除といった申し立ては簡単なことではありません。
養子縁組の手続きをして子どもが再婚した夫の戸籍に入った場合は、子どもを扶養すべき義務があるのは養父となり、二番目に扶養義務があるのが実父となります。
養育義務は養父に与えられるので、相手に対して実父は養育費の減額や免除の申し立て手続きができます。
ですが、元妻の再婚相手の生活レベルが低く、子どもの養育は難しいと判断されると、養育費の減額や免除はとても難しくなります。
仮に再婚した元妻が再度離婚するとなると、減額や免除を受けていた養育費を再び支払い続けていかなくてはいけません。
養育費は父親や母親の離婚や再婚とは別に、子どもが不利益を被ることなく養育されていくことを第一に考えて支払わなければならないものでしょう。